統合失調症・うつで眠れないけど薬は副作用があり使いたくない方向け天然ハーブサプリ!

FrontPage

統合失調症・うつと不眠症

統合失調症・うつ病による不眠の大きな原因のひとつは、

睡眠ホルモン「メラトニン」を合成する脳内神経伝達物質「セロトニン」の不足、あるいは働きが悪い

ことがあげられます。

睡眠薬は副作用が心配

現在、病院で処方している不眠症治療薬の中で、

デパスは、不眠改善というよりは精神的な不安を取り除く薬であり、

ドリエルは、睡眠薬としての効果はあるが、抗ヒスタミン剤でもあり、依存症や寝起きの悪さが問題になっていたりします。

マイスリーは、そもそも統合失調症・うつによる不眠には効きません。

では、これら副作用の心配のある睡眠薬の代わりとなる安全安心な天然の成分でセロトニンを作り出すもの、セロトニンの働きをたすけて不眠症を改善するものは作り出せないだろうか?

このような発想で様々なハーブを配合して生まれたのが

天然成分で体にやさしいおやすみサポートサプリ「ルナハーブなのです!


天然ハーブ系おやすみサプリメント「ルナハーブ」

ルナハーブには、

睡眠をしっかりサポートしてくれる4つの天然成分

バコナイズ、ゼンブリン、ラフマ、バレリアン

1日のスタートを快適なものにしてくれる16の天然成分
(ギャバ、ノニ、クワンソウ、メリッサエキス、ホップ、テアニン、イヌリン、
 セントジョンズワード、トリプトファン、赤ワインエキス、エゾウコギ、
 ハーブミックス、ベリー混合エキス、大豆イソフラボン、レスベラトロール、
 パッションフラワー)

が絶妙の割合で配合されています。

では、天然の睡眠サポート成分について見てみましょう。

バコナイズ(植物名:バコパ・モンニエリ)

バコナイズ

◆セロトニンの働きをサポートする成分◆

東南アジアの湿地帯に広く分布する多年草で、インドでは広く食されている。

インド・アーユルヴェーダ医学では、記憶力強化、抗炎症効果、鎮痛作用、解熱作用、抗てんかん効果を期待され愛用されている。

現代の欧米の研究により、記憶力の促進、言語理解力・学習能力の向上、脳の保護など認知分野での効果が期待されている。

また、最近の研究によれば、不眠症や不安症といった精神的不調に加えて、注意力や落ち着きがなくなる子供の病気、ADHD(注意欠陥/多動性障害)にも効果があるといわれています。

このような効果が期待されているバコナイズですが、これらの作用の元となる働きが「セロトニンをコントロールする作用」があるためと考えられています。

すなわち、バコナイズはセロトニンが脳の中で働く部分(セロトニン受容体)を活性化させ良い情報を流したり、遮断して悪い情報を止めたりする働きがあることがわかっています。

ルナハーブの主要成分「バコナイズ」について詳しくは こちら

ただし、植物系の天然サプリだから何でも安心というわけではありません。妊娠中・授乳中の方は控えたほうがいいでしょう。

ゼンブリン(植物名:スケレティウム・トルツオーサム)

ゼンブリン

◆セロトニンの働きをサポートする成分◆

南アフリカ原産の植物で古くから現地住民に食されている。

1868年ドイツの医師・植物学者のパッペは、喜望峰の入植者たちの間で優れた薬草として紹介している。

現地では、抗ストレス、抗不安、鎮静、睡眠、集中力の向上などを目的に使用されてきた。

現在の研究により、ゼンブリンには、
セロトニンの再取込みをシャットアウトすることで抗うつ、抗不安作用、PDE4の活動を邪魔することで集中力を高める作用
があることがわかり、イライラ解消サプリやスポーツ・受験用サプリに利用されています。

ラフマ(植物名:羅布麻)

ラフマ

◆セロトニンを増やす働きのある成分◆

中国の新疆ウイグル自治区、さまよえる湖として有名なロプノール周辺に多い多年草。

三国志にも登場する伝説の医者華佗が絶賛した「漆葉胃粘散」の主原料がこのラフマであり、「久しく服せば体内の三匹の害虫を去り、五臓を利し、体を軽やかにし、頭は白くならない」と書いている。

ラフマ葉エキスには、脳内のセロトニンの産生を高める働きがあり、中華人民共和国薬典(日本の日本薬局方に相当)には解熱利尿、肝臓を鎮め、精神を安らかにさせ、高血圧、めまい、どうき、不眠に用いるとある。

バレリアン(和名:セイヨウカノコソウ、吉草)

バレリアン

ヨーロッパ原産のオミナエシ科カノコソウ属の多年草。

根や茎を不眠症や精神高揚などに効果があるとして薬草として用いられてきた。

実際ドイツでは不眠症、精神不安への使用を承認している。
(効果にバラツキがあり、発現までに時間がかかるとも)

妊娠中には流産の恐れがあるので使用してはならない。

トリプトファン(必須アミノ酸のひとつ)

◆セロトニンを増やす働きのある成分◆

セロトニンを増やす重要な成分として見逃すことのできないのが、必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンです。

トリプトファン

トリプトファンには、脳に運ばれるとセロトニンを生成する働きがあるため、セロトニンを増やしたい場合はトリプトファンを多く含む食品を摂取することが必要になってくるのです。

トリプトファンは、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などに多く含まれています。

ルナハーブは、このトリプトファンも配合しています。


セロトニンの産生を促し、働きを強めて不眠症を改善するサプリメント
詳しくは ↓↓↓↓↓↓ こちらから


3ヶ月で眠りを改善!

以上のように、統合失調症やうつのセロトニン不足や働き不足からおこる不眠症に効果が期待できる「ルナハーブ」ですが、植物由来の天然成分で穏やかに作用するため即効性ははっきり言って期待できません。

したがって、

・最低でも3ヶ月以上は飲み続けられる意思の強い方

・薬に頼らず安心安全に不眠症から抜け出したい方

にこのサプリメントをおすすめいたします。

現在、トクトクプランで初回購入無料でお試しできます(通常価格¥5980)

1ヶ月目  ¥500(送料のみご負担ください)
2ヶ月目 ¥4980(税込 送料無料)
3ヶ月目 ¥4980(   〃   )
(最低3カ月の定期コースへの参加となります)

ご購入、詳細はこちら公式HPからどうぞ↓↓↓


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

家庭菜園